HOME>オススメ情報>【入念な準備が大切!】貸事務所移転の基礎知識

貸事務所の移転をしよう

貸事務所を移転する理由は沢山あります。増員予定やコスト削減、利便性の向上など理由は様々ですが、家庭の引越しに比べて手間がかかるのが事務所移転。このサイトを参考にスムーズな事務所移転を進めましょう。

貸事務所を移転する時のチェックリスト

  • 解約予告時期の確認
  • 保証金の返還時期
  • 原状回復の条件と費用
  • 貸主指定業者か確認
  • 移転の時期
  • スケジュール確認
  • 費用の確認

【入念な準備が大切!】貸事務所移転の基礎知識

会議室

原状回復について

現事務所を退去する際に敷金は返金されますが、もし事務所に破損等が合った場合はその修理費用を差し引いて返金されることになります。貸事務所においては壁、天井などの自然損耗であっても借り主に支払い義務が生じます。一般住宅の場合、経年劣化等の自然損耗である場合は支払い義務が生じませんが、商用目的となると変わってきますので注意しましょう。ですので、移転する際には、原状回復にもある程度の費用が必要になるということを覚えておきましょう。

貸事務所を移転する手順

パソコンを操作する人

移転の準備

移転はしっかり準備から始めることでスムーズに進みます。まず、どうして移転をするのかについてはっきりさせましょう。目的がはっきりしていないと、物件がなかなか決まらないということになってしまいます。移転の目的がはっきりしてきたら、移転の予定を立てます。現事務所の契約書を確認し退去日を決定しましょう。また、新事務所の条件の優先順位を決めます。条件についてはある程度の幅を持たせておきましょう。

新事務所探し

条件が決まり次第、新事務所の物件探しをします。不動産会社を訪ねたり、最近ではネットで検索できるサイトも沢山あるので利用してみるといいでしょう。必ず何軒か内覧や下見をして、決定するようにしましょう。

契約・内装工事

物件が決まったら審査の後、契約をします。契約の際に初期費用を払いますので準備しておきましょう。また、内装工事をする場合はこのタイミングで業者に依頼し見積もりを出してもらいましょう。

移転

契約と内装工事が終わると本格的に移転となります。移転案内状や名刺等の準備も忘れないようにしましょう。また各種手続きがありますので、時間に余裕を持っておきましょう。